美容・健康

「なめらか本舗 化粧水」の成分調査結果と個人的感想

「豆乳イソフラボン」のパッケージが馴染み深い
なめらか本舗の化粧水について、どんな成分が入っているのか調べた結果を書きます。

安くてバシャバシャ使えるから便利なんですよね。
朝・夜のスキンケアで私が今使っている化粧水です。

スキンケア用品に含まれる成分について、まず知るところから始めよう!と思って
勉強もかねて、調べてみました。
自分に合った化粧品を見つけるための第一歩になったらいいな。

「なめらか本舗 化粧水」に含まれる成分

「サナ なめらか本舗 化粧水」に含まれる成分は以下14種類。

  • BG
  • グリセリン
  • エタノール
  • 豆乳発酵液
  • ダイズ種子エキス
  • ダイズタンパク
  • (スチレン/ビニルピロリドン)コポリマー
  • PEG60-水添ヒマシ油
  • カラギーナン
  • クエン酸
  • クエン酸Na
  • フェノキシエタノール
  • メチルパラベン

では一つずつ見ていきます。

不純物を除去した水です。

化粧品も食品も配合料の多い成分から記載していきますが、
最初に水って書かれるとイメージ的に「効果が薄そう」とか「傘増しされてる?」とか思っちゃいません?
調べてみるとそもそも化粧品の美容成分って1%以下の配合が多いみたいなんですよね。
それでもちゃんと効果がでるのってすごい。

BG

日本で最もよく使われる保湿剤の一つ。
化粧品に菌が繁殖しないための防腐作用もあります。
ベタつかずさっぱりとした使用感があります。敏感肌にも○。
読み方は「ブチレングリコール」

化粧水の成分でよく見る気がします。謎の正体が一つ判明しました。
なんか化粧品ってオーガニック?自然からとれたエキス?が肌に良いような気がしてしまうんですが、
化粧品について調べれば調べるほど圧倒的勘違いに気付きますね。

BGってなに、怖い。。。化合物っぽい。。。
みたいな無知ゆえに変な方向に走り出す人にならなくてよかったなーと思います。

グリセリン

しっとり感がとても高い保湿剤。
敏感肌にも○。

グリセリンって聞くとなんか爆発しそうなイメージをしてしまうんですが
それはニトログリセリンでした!
グリセリンって名前がよくないと思います!

エタノール

さっぱり感を演出する。
でも気化熱で肌が乾燥するという弱点あり。
肌の引き締めや防腐・殺菌を行ってくれる。

乾燥についてはBGとグリセリンで補っているからOKと解釈しました。
清涼感が欲しい時に使われてるのかしら。
調べてみると他の成分の影響もあるので、エタノールが配合されているからといって
必ずしも肌に刺激が強いわけではないようです。
化粧品って難しいな。。。

豆乳発酵液

「なめらか本舗 化粧水」の有効成分の一つ。
美白・ハリ・ツヤ・健康的な肌を保ってくれる。
女性ホルモンのような働きをし、皮脂腺の活動を抑える。

顔に油が多いと肌トラブルになりやすいので、
皮脂腺の活動抑制は私の肌に合っているかなと思いました。

ダイズ種子エキス

「なめらか本舗 化粧水」の有効成分の一つ。
保湿、皮膚細胞の活性効果。
エイジングケア成分としても使われる。

無難な効果って感じですね。特筆すべきことがないです。

ダイズタンパク

「なめらか本舗 化粧水」の有効成分の一つ。
保湿効果。ハリ・ツヤのある肌にしてくれる。

ここまでが有効成分ですが全体的に無難だなーと思いました。
化粧水ってどれを選んだらいいかわからない。。。という状態だったら
とりあえず「なめらか本舗」でいいんじゃない?って言うことが出来そうです。

(スチレン/ビニルピロリドン)コポリマー

肌になめらかな使用感を与える。

またよくわからない怖い名前が出てきたなー。
ビニルピロリドンって何、怪獣?雑菌?
化学を真面目に勉強してこないと、こういう横文字の成分に対して無意識な拒否反応が出ちゃうんですかね。
知ってしまえば「そういう役目のやつだったんだな」と思えるんですけどね。
知らないと「何者だ貴様」みたいな若干の敵対反応が、ね。。。

PEG60-水添ヒマシ油

可溶化剤。

可溶化剤がよくわからない。調べたけどすぐわかるものじゃなかったのです。
とりあえず害あるものじゃないってことはわかったので良しとします。

カラギーナン

品質保持剤の一つ。保湿効果がある。

食べ物っぽい名前だな。
チーズナンみたいな。

クエン酸

品質保持剤の一つ。収斂効果がある。
クエン酸Naと合わせてPhを調整してくれる。

Phってあれですよね、アルカリ性とか酸性とかの。
肌は通常「弱酸性」で、洗顔するとアルカリ性になるから弱酸性の化粧水を使うといいらしいです。
弱酸性になるよう調整してくれてるってことなのかなー。

クエン酸Na

品質保持剤の一つ。保湿効果がある。
クエン酸と合わせてPhを調整してくれる。

クエン酸ってレモンとかに含まれてるあのクエン酸なんですかね。
聞き覚えのある成分が入ってるとちょっと安心感がありますよね。

フェノキシエタノール

品質保持剤の一つ。防腐効果がある。

メチルパラベン

品質保持剤の一つ。防腐効果がある。
食品の保存料としても使われている。

これだけ防腐剤が入ってると、どれだけ化粧品の安全性に気が使われているか分かりますね。
「絶対に雑菌は繁殖させぬ」という強い意志が感じられます。

調査結果についての個人的感想

保湿効果がとても高い化粧水なのだと言うことがわかりました。
乾燥しやすい肌の人には合っていそうです。
また、肌にハリ・ツヤを与えるような有効成分が多いので
肌にトラブルを抱えていない人にとっては無難な選択肢になりますね。

値段も安めなので化粧水選びに悩んだときに「とりあえず買っておくか!」と言える商品だと思いました。

さいごに

成分の機能で化粧品を選ベるようになったら素敵だなぁとの思いで始めた調査でしたが
一つ一つの成分を調べるの結構大変でした。。。
でも勉強にはなりました。
手持ちの化粧品については一度全部調べたいな。

成分を調べるにあたり以下の本を参考にさせていただきました。

「美肌成分辞典」をレビューした記事はこちら

「化粧品成分ガイド」をレビューした記事はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。