美容・健康

栄養目的で非加熱ハチミツを買うと損する理由について

ハチミツの栄養や効能についてネットで調べると
たくさんのサイトで「加熱してないハチミツを買おう!」と書かれています。
でもね、加熱してないハチミツってめっちゃくちゃ高いんですよ。100g あたり1,000円とかするわけです。
普通の加熱したハチミツなら半額以下なのに。

にも関わらず、多くのサイトが加熱してないハチミツを勧めてきます。
理由は、“加熱したハチミツは栄養成分が壊れていて加熱前ハチミツ本来の栄養が得られない“から。

google検索でヒットするハチミツサイトの言い分をまとめるとこうです。
ハチミツにはたくさんの栄養が含まれている!
でもそれは非加熱ハチミツであって、加熱してある安いハチミツの栄養は少ないよ!
だから非加熱ハチミツを買おう!

これを見て私は、
それって本当?
イメージ
言っているだけじゃないの?
って思ったんですよね。
確かにハチミツにはいろんな栄養が含まれているのは知っています。
ですが、どのサイトも加熱前と加熱後の栄養成分の数値については書かれていないんですよね。

なんか上手いこと高い非加熱ハチミツを買わせようとしている感じ。
気になったのでハチミツについて調べてみました。

結論から言うと、栄養目的で非加熱ハチミツを買うのであればアーモンドを買った方が断然良いです。
栄養のために高価な非加熱ハチミツをわざわざ買う理由はないと思いました。
「味が好きだから買う」が一番自然な買い方だと思います。

ではこの結論に至るまでに調べたことを書いていきますね!

そもそもどうしてハチミツを加熱するの?

ハチミツと呼ぶには糖度が78度以上ないといけません。(はちみつの組成基準より)
蜂にお任せして78度の糖度になるまで頑張ってもらおうとすると時間がかかります。
なぜなら蜂が羽を羽ばたかせて水分を飛ばすから。
でも人間が加熱して水分を飛ばせばより簡単に、早く78度の糖度にすることができます。
だから安いハチミツは加熱したものが多いわけです。

ハチミツの効能とは

ダイエットに良い

ハチミツはお砂糖の3倍の甘さです。お砂糖の代わりにハチミツを食べれば低カロリーで甘いものを食べることができます。お菓子作りに使ったりすると良さそうですね。
ダイエット目的にハチミツを食べるのは素敵な使い方だと思います。

ハチミツの甘さについては加熱しても損なわれるものではないので、加熱した普通のハチミツで良いですね。

消化吸収が早い

ハチミツはほとんど果糖とブドウ糖でできています。
お米やパンみたいに分解する必要がないので胃に優しく消化吸収が早いのです。
脂肪にもなりにくいし、果糖のおかげで血糖値も上がりにくい。良いことずくめですね。

こちらも加熱して損なう効能ではないので、普通のハチミツを食べれば良いです。

たくさんの栄養成分が含まれている

ハチミツには多くの種類のビタミン・ミネラル・酵素が含まれています。

加熱後のハチミツより加熱してないハチミツの方がビタミン・酵素が多く含まれるのは事実です。
ビタミン・酵素は熱に弱いですからね。

しかし大事なのは
じゃあハチミツにはどれだけの栄養が含まれてるの?
1日に必要な栄養素に対して何パーセントくらいハチミツが補ってくれるの?
ってことだと思います。

ハチミツの栄養成分/1日の摂取量

多くのサイトでハチミツの1日摂取量について大体30gと表記しています。
大さじ2杯程度ですね。40g以上の摂取は糖質過多になるようです。

では1日30gのハチミツを食べた場合の栄養についてみていきましょう。

ハチミツ30gあたりの成分は文部科学省の食品成分データベースから算出しています。
1日の食事摂取基準は厚生労働省がまとめた「日本人の食事摂取基準」(2020年版)から成人女性の数値を記載しています。

成分ハチミツ30gあたり1日の食事摂取基準
エネルギー99kcal2,000kcal
ナトリウム1mg6.5mg未満
カルシウム20mg2000mg
カリウム1mg650mg
マグネシウム1mg270mg
リン2mg800mg
0.1mg6.5または10.5mg
(月経の有無で変化)
亜鉛0mg8mg
0.01mg0.7mg
マンガン0.06mg3.5mg
ビタミンB20mg1.2mg
ビタミンB60.01mg1.1mg
ナイアシン0.1mg11mg
葉酸2μg240μg
パトテン酸0.04mg5mg

ご覧の通りハチミツ30gに含まれる栄養は1日に必要なビタミン・ミネラルの100分の1にすら届かない数値です。
酵素については客観的な資料がなかったので書けないのですが、ビタミン・ミネラルの例を見るにあまり期待しない方がいいのでは…と思いますね。

“ハチミツにはたくさんの栄養成分が含まれている”
確かに嘘はついてないけど、この程度の栄養素のためにわざわざハチミツ食べなくても良いと思いました。

文部科学省データベースにある成分表示は加熱後ハチミツのものなんじゃないの?
というのも疑いました。
正直、記載がないのでなんとも言えない部分ではあります。

ただ私の調べた限りだと非加熱ハチミツの栄養成分ってネットに掲載されてないんですよね。掲載されてるなら比較したかったのですが…

私の個人的感想としては、栄養の数値がとても高いなら数値を宣伝として使うはずだと思います。
なのに公開しないってことは不都合があるからではないかと疑ってしまいますね。

参考のために、よく健康食品として目にするアーモンドの栄養についても見てみましょう。
アーモンドの1日目安摂取量は約15gです。
アーモンド15gあたりの成分は文部科学省の食品成分データベースから算出しています。

成分ハチミツ30gあたりアーモンド15gあたり
エネルギー99kcal91kcal
ナトリウム1mg0mg
カルシウム20mg110mg
カリウム1mg38mg
マグネシウム1mg44mg
リン2mg69mg
0.1mg0.5mg
亜鉛0mg0.5mg
0.01mg0.18mg
マンガン0.06mg0.37mg
ビタミンB20mg0.03mg
ビタミンB60.01mg0.01mg
ナイアシン0.1mg0.5mg
葉酸2μg10μg
パトテン酸0.04mg0.07mg

断然アーモンドの方が多く栄養が取れます。
この表の限りだとアーモンドがハチミツに劣っている部分ってないですね。

結論:栄養目的で非加熱ハチミツを買うのは損

栄養目的でハチミツを食べるなら他の健康食品を食べた方が多くの栄養素を取れることがわかりました。
また、ダイエットや血糖値を下げる目的であれば普通の加熱したハチミツでも問題ありません。

じゃああえて高価な非加熱ハチミツを買うとしたら「おいしいから」意外の理由ってないと思います。
「味が好きだからこのハチミツを買う」これが一番自然で良いですよね。

Amazonで高評価がついてるおいしいハチミツ

調べてたらおいしいハチミツが食べたくなったので、Amazonで評価の良いハチミツを調べてみました。

以下3商品がレビュー数やクチコミで気になりました。
本当にハチミツって高いのから安いのまでいろいろありますね。

さいごに

ハチミツについて調べてたら非加熱ハチミツをやたら勧められて、まるで普通のハチミツはダメみたいな印象を受けたので調べてみました。
普通のハチミツで全然問題ありませんでしたね。

ここまで調べられたので、安心して「味の好み」でハチミツを選ぶことができそうです。
読んでいただきありがとうございました。

ちなみに今私が好きなハチミツはこちらです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。