体験

トランペットを買いました!

トランペット買いました!
で、届いたので感想などを書いてみます。

PLAYTECH(プレイテック)のトランペットを買った感想

15000円と意外に安く買えたのでよかったです。

当初はAmazonで最初に見かけた「pTRUMPET」というのを買おうと思っていましたが

PLAYTECH(プレイテック)のPTTR100BL(プラスチックトランペット ブルー)にしました。

「pTRUMPET」の方はオールプラスチックなのに対し、PLAYTECHの方は一部に金属が使われています。

プラスチックより金属の方が響きが良くなったり、指運びがより滑らかにできる点で優れているようです。

金属が使われていると言ってもほとんどの部品はプラスチックなので、プラスチックの魅力である軽さは失われていません。なんと500g!普通のトランペットの約半分です。

金属が使われているのも内側の部品のみなので万が一金属アレルギーになっても安心ですね。

旦那が吹いているのを聞いてますが、最初は音を出すのが大変そうでした。

ずっとトランペットを持ちっぱなしで息切れ切れに音の調整をしているので、軽くてよかったと思います。

体力が続かないばかりに練習できないのってなんか悔しいですもんね。

軽いことのメリットとしては

中高音を出しやすい、というのもあるようです。

しかも少ない息で反応してくれると楽器サイトには書いてありました。

逆に低い音はコツがいるようで金属のトランペットより音を出すのが難しいようです。

私の旦那もドレミファソラシドの低いドだけ上手く吹けないと言っていました。

うーん、やっぱりプラスチックも良いことばかりじゃないですね。

でも個人的には、重いよりも軽くて練習がはかどる方がいいんじゃないかなと思います。

私的プラスチック製トランペットの魅力をまとめると

・軽い

・安い

・お手入れしやすい

・中高音を出しやすい

逆にデメリットは

・低い音が出すのにコツがいる

ですかね。素人が最初に手に取るならプラスチック1択なのでは?
続くかどうかもわからないですもんね。
面倒そうなメンテナンスやりたくない欲求まで満たしてくれて素敵。

トランペットの音の大きさ【家で練習は可能か?】

基本的には家の中で練習するので、気になるのは音の大きさでした。
実際に家の中で音を出してもらい、私は窓の外で聴いてみたのですが
思いっきり吹かなければ許容範囲かなぁ?

音は結構外まで聞こえます。窓の近くで、窓に向かって吹いていたのでそりゃそうなんですが。
まあ、そんなに強く吹かなければ近所の生活音としては許せる範囲ではないかなといった感じ。

さすがに真横で練習されると掃除機くらいの騒音ですけど。感覚的には。

トランペット入門用の本

教本も、やっぱり違うやつにしました。

最初に考えていた本は「超・初心者のための トランペット入門」

だったのですが

内容がシンプル過ぎて結局もう1冊必要になる、というようなレビューがあったんですよね。

ただ楽譜としては誰でも知ってる吹きやすい曲が入っているようです。

実際に本屋で中身を見たところ、内容がシンプルだからこそとっつきやすそうではありました。

しかし旦那としては、それなり詳しく書かれていて、音と指運びの対応図が一目でわかるものが良いとのこと。

「見て聴いて必ず吹けるトランペット入門」が一番希望に近そうだったのでこれを買いました。

以下の内容が書かれており、旦那は1時間ほどで「レミファソラシド(低いドは吹けませんでした笑)」までかろうじて吹けるようになっていました。

・楽器の構造
・楽器の持ち方
・呼吸方法
・音の出し方
・練習方法・楽譜

楽譜には、音符と「ドレミファソラシド」だけでなく、トランペットのどこを押したら良いかまで一音一音が図で書かれてたので親切と思います。

ただ「超・初心者のための トランペット入門」よりかはちょっとお高いんですけどね。

「見て聴いて必ず吹けるトランペット入門」 は2400円で買ったので、倍くらい違います。

まあ1冊で済むならそっちの方が良いかな。

今はYouTubeとかもありますし、本で足りなきゃ動画でも補完できるのがいいですね。現代に生きててよかったなーと実感します。

トランペットを買ってみた感想

今のところ総額20000円以下でトランペット始められてて、びっくりしてます。

初めに「プラでもトランペット作れるんじゃね?」と考えた人、

そして技術で実現してくれた人、

それを広めて1万円台の低価格まで持ってってくれたインフルエンサーの方々ありがとうございます。旦那がめっちゃ喜んでます。

本当素晴らしいですよねー現代。

またちょっとピアノの話をするんですが最近のピアノもまじですごいですよ。

完全に音ゲー感覚で練習できるタイプの電子ピアノが出てました。

鍵盤の上に長い画面がついてて、上から落ちてくるゲージに合わせてピアノの鍵盤を叩くだけで1曲弾けちゃいますからね。進化。進化ですよ。

指の動き覚えたらもう譜面なんていらないですもんね。譜面を読む手間よ、さようなら。

練習用の曲をアプリからダウンロードできちゃうのもすごい。これが令和。

以上、トランペットが届いて1日目の感想でした。

読んでいただきありがとうございます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。