結婚

引出物とは?意味と由来&絶対がっかりさせない珍しいカタログギフトを調査!【結婚式】

引出物とは、結婚披露宴などの祝宴の後に、主人から招待客に贈られる贈り物。引出物。引き物。

引用元:語源由来辞典

結婚式に行くと貰える引出物。中身は何かな♪とわくわくしながら開けますよね。
可愛い食器や小物、ギフトカタログだと選ぶのも楽しいです。
ご本人方の写真が入っていたりすると「ああ…」となるのも定番ですね。
そんな引出物について、貰う側ではなく【 あげる側 】視点で記事にしました。
引出物はギフトカタログが多い最近ですが他の子と被るのも同じようなのも嫌だと思いませんか?
そこで今回は誰とも被らない個性的なギフトカタログについても調査しました。

引出物の由来

引き出物は、平安時代頃、馬を庭に引き出して贈ったことから。やがて、馬の代わりに「馬代(うましろ)」として金品を贈るようになり、引き出物は酒宴の膳に添える物品や、招待客への土産物をさすようになった。

引用元:語源由来辞典

引出物はもともと馬だったのですね。
馬は豊かさの象徴でもあるので、この時代の結婚はお金持ちしかできなかったのだと考察しています。
来てくれた人全員に馬をプレゼントしていたなんて普通に考えてもセレブですよね。
ちなみにこの時代の馬は耕作や移動、競馬、軍馬としても使われていました。

引出物の扱い

縁起の良い奇数の数字になぞらえて、
1つ目:引出物
2つ目:引菓子
3つ目:縁起物(鰹節)
を用意するのが良いと店員さんによく言われますよね。
しかしこれは地方によって異なります。先ほどの例は関東圏ですね。
たとえば北陸地方では松の葉が加わったりします。そのまま松の葉っぱというわけではなくハンカチやタオルです。

私個人としては引出物一品に予算を全てかけて良い物1つを持って帰っていただく予定です。

引出物についている紙「のし紙」

引出物にはよく名前が書かれた紙がついていますね。
あれは「熨斗(のし)紙」と言います。
結婚するお二人の旧姓を書くのが慣習です。
引菓子を贈る場合は、こちらに結婚するお二人の名前を書くのも通例となっていますね。
これらには、新郎新婦の名前を披露するという意味があります。

引出物の予算

予算はご祝儀の10分の1が基本です。
本来的に言えばゲスト全員同じものを贈るのですが、不公平感などもありますからね。
最近は贈り分けするのが主流です。
贈り分けについてはこの後「 「贈りわけ」とは 」でお話します。
ところで誰がいくらくれるかなんて分からないよ!という方は少なからずいらっしゃると思います。
そういう場合は、後日お送りするという形を取られるとよいです。
詳しくはこの後の「 引出物はいつ渡す?最近の動向 」をご覧下さい。

「贈りわけ」とは

ゲストによって引出物の中身を変えることを言います。
ゲストには友人、親族、上司など様々な方をお呼びしますが年齢、性別、好み、いただけるご祝儀も違いますよね。
みんな同じ引出物にすると、ゲストの好みに合わなかったり、いただいたご祝儀に対し不釣合いとなってしまいます。
これが贈り分けをする理由です。

しかし贈り分けには気をつける点やデメリットもあります。
1つ目は、誰からいくらもらえるかわからない点。
例えば3万円もらえると思っていたので3000円の引出物を用意したとします。
しかし実際のご祝儀は1万円でした。
この場合予算は2000円オーバーすることになります。
相手がご友人だったらと想像してください。
その後の関係が少し変わる気がしませんか。

2つ目は、渡す相手を間違えてしまう可能性。
最悪自分が間違えたことに気づかないかもしれません。
その後のフォローもできないことを考えると怖いです…。
間違えないように見た目に差をつけたり名前を書いたりすることもできます。
でもあなたがゲストだったとして「中身がちがうのかな」と思いませんか?
だって中身が同じならそんなことする必要ないですものね。
私そういうの気にしちゃいます。

上記のデメリットを回避する方法はあるのか?
もちろんあります。
この次にお話する「引出物はいつ渡す?最近の動向 」をご覧下さい。

引出物はいつ渡す?最近の動向

今まで引出物をゲストに渡すタイミングは結婚式の披露宴後でした。
しかし最近は後日ゲストの自宅へ直接届ける配送の形をとる人も多くなっています。
メリットとしては大きく3つあります。

メリット

・贈り分けができる
・ゲストの荷物の負担を減らせる
・式場への持込料が必要ない

中でも贈り分けのメリットが大きいです。
ご祝儀を確認してから、ご祝儀に合わせた引出物をゲストにお送りできますからね。
渡す相手を間違えることもなく、他のゲストと中身が違うことを気付かれてしまう心配もありません。
また引出物が何であれ重さがありますし、かさ張るものです。
2次会の予定がある場合、荷物は少ないほうがいいですよね。
また式場指定のお店で引出物を買わない場合、持込料が発生します。
1つにつき300円~500円…ゲストの数が多いと馬鹿にできないです。

良い事が多い配送ですがデメリットもあります。

デメリット

・配送料がかかる
・従来の結婚式に慣れた人から失礼に思われる可能性

配送料については言うまでも無いですね。
配送料無料を謳った商品もありますが、その分商品の質は落ちるのでは?と心配にもなるところです。
これについては回避できそうにない問題ですね。
次に、今までの結婚式は披露宴後に引出物を渡すのが普通というお話を少ししましたね。
これに慣れた人たちからすると「あれ?」と思われるはずです。
特にご両親などは気になるのではないでしょうか。
回避策としては事前に招待状に記載すること、または披露宴の席にメッセージなどを添えるなどが挙げられます。

上記のデメリットがあるとしてもメリットの方が大きいと私は思います。
先ほども話したように贈り分けが確実にできるからです。
積極的に活用していきたいですね。

カタログギフトはわりと飽きられてる?

ギフトカタログはゲスト好みが異なる、わからないなどの悩みを解決してくれる存在ですね。
でも、正直もらう側は飽きてませんか?
選ぶの面倒くさがってませんか?
だってみんな同じような内容ですし、分厚いし、忙しくて見る暇がないのでは…
とりあえず高そうなものを貰ってメルカリで売る、もしくは選ぶ権利を売るといったことも起きています。
贈る側としては少し悲しいですよね。
どうせあげるなら楽しんで選んで欲しい、喜んで欲しいと思いますよね。
そこで私、調査しました。
誰にあげても「またか…」と思われない、驚きや嬉しさを感じてもらえるカタログギフトを!

【独自調査】今までとは違う!一味違った個性的な
カタログギフト

個人的に良いなと思ったカタログギフトについて紹介いたします。
高島屋のカタログギフトだけはスタンダード枠の比較用として用意いたしました。
だからといって悪いというわけではありません。
スタンダードとはつまり王道です。王道であることには理由があります。
そのあたりも見ていただければ幸いです。

次に各記事の中身について説明いたします。
まずカタログの基本情報につきまして、以下のように掲載しております。
各項目について詳しく説明いたしますね。

商品名:カタログギフトの名称です。
掲載商品数:このくらいの幅をもって商品が掲載されていますよ、という目安です。(※)
ページ数:このくらいの幅をもってページがありますよ、という目安です。(※)
コース数:価格の種類の数です。
価格:カタログの金額の幅です。(※)
システム料:カタログ代(紙代)、カタログギフトに同梱されるハガキ代などの価格です。
配送料:カタログギフトを購入者もしくはゲストへお送りする際の配送料です。
資料請求:カタログギフトの詳細について郵便で送ってもらえるサービスです。
Web対応:ネットから商品が見れるか、商品を申し込めるかということです。
電子カタログ:ネットから商品内容を確認することができます。

※:全コースの最小値と最大値を記載しています。

また最もよく購入される3000円台のカタログのみ詳細情報を記載いたしました。
どうぞ参考にしてくださいませ。

それでは説明は以上です。
どうぞご覧ください!

【高島屋】カタログギフトの定番!上品でシンプルな全世代対応型
【リンベル×25ans】統一感が気持ちいい!デザインにこだわった雑誌系カタログ
【うましま】手作り感があったかい…商品を選んだ後は田舎に行きたくなるはず
【モアージュ】インスタ女子を魅了♥ビビッドでキュートな写真は見てるだけで楽しい♪
【地元のギフト】珍しいカード型!自作の地元カタログも作れちゃう♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。