【トイレの特徴と比較】アラウーノ、TOTO、LIXILどれにするか問題【一条工務店 i-smart】

一条工務店で家を建てることにしたうさぎです。こんにちは。

家を建てることになると色々決めることが多くて困りますね…。

今回は悩む箇所の1つ、トイレについて書きます。

トイレの基礎知識

まずトイレの種類には

タンク式トイレとタンクレストイレがあります。

それぞれの特徴は以下。

タンク式トイレの特徴

タンク式のメリット

・手洗い場がついている

・水道管の水圧に関係なく取付可能

・停電時でも水を流せる

・断水時でもタンクに水を入れれば使える

・故障の際、ウォシュレットの交換だけで済む

・タンクレスより低価格

タンク式のデメリット

・デザインが野暮ったい

・タンクがある分、掃除がしにくい

タンクレストイレの特徴

タンクレスのメリット

・タンクが無い分スッキリしていて見た目が良い

・タンクが無い分、掃除が楽

・タンク式より高機能

タンクレスのデメリット

・タンク式より詰まりやすい

・手洗い場は別につける必要がある

・停電時、水が流せない

・故障した際はまるごと交換する必要がある

・タンク式より高価格

タンク式にするかタンクレスにするか

上記はあくまで一般的な話であって、

タンク式でも手洗い場がないものもあるし、タンクレスでも詰まりにくい工夫がされている商品もあります。

なのでここではトイレに求める仕様について、優先順位だけ決めておきたいと思います。

私的な優先順位は以下。

1. 掃除のしやすさ・汚れにくさ

2. 低価格(耐用年数が高い、もしくはトイレ自体の価格が低い)

3. 詰まりにくい

それでは一条工務店でi-smartを建てる場合のトイレの選択肢を見ていきます。

一条工務店で選べるトイレ

一条ではタンク式、タンクレスどちらも選べます。

選べる会社は3つ。

  • TOTO
  • Panasonic
  • LIXIL

TOTOのみタンク式もタンクレスも選ぶことができます。

PanasonicとLIXILはタンクレストイレのみの販売です。

しかし好きなトイレを選べるとは言いつつ、標準仕様以外の商品を選ぶ場合は差額が料金に追加されます。

数万と言えど家を建てる場合は侮れないのでできる限り押さえたいところですよね。

なので、好みの商品を選ぶ前に標準仕様のトイレの特徴を押さえておきましょう。

その後で欲しいトイレと比較し、自分は一体何にお金を払うのかハッキリさせようと思います。

一条工務店i-smartで標準仕様のトイレとその機能

一条工務店のi-smart標準仕様のトイレは

  • TOTOウォシュレットJ1
  • TOTOウォシュレットS1

この2つです。差額0円でどちらかを選ぶことができます。

ウォシュレットS1はJ1の上位互換となりますのでS1に絞って話を進めていきますね。

TOTOウォシュレットS1の特徴

大きな特徴としてはプレミスト機能でしょう。

これは使用前の便器内にミストを吹き掛け汚れを付きにくくする機能です。

便座に座った際にセンサーが反応し、プレミストを吹き付けます。

なのでプレミストが吹き付け終わるまで若干の待ちが発生すると口コミにはありました。

急いでいるときは少しじれったい感じがしますが普段使いなら特に問題ない気がします。

その他の特徴として

・タンク式トイレ

・リモコン式

・除菌水を使った自動ノズル掃除

・基本的なおしり洗浄機能

などがあります。

多くを望まなければ機能は十分な感じですね。

詳細は公式ホームページへ。

公式サイトの保証と料金

5年:2,500円

10年:14,000円

こちらで確認しました。

一条工務店のi-smartで選べるトイレとその機能(オプション)

差額の料金を払って選べるオプションのトイレは以下です。

・TOTOアプリコット(F1A,F3A)

・TOTOネオレスト(AH1)

・TOTOローシルエット一体型トイレ(GG-J2,GG-J1)

・TOTOウォシュレット一体型トイレ(ZJ)

・Panasonicアラウーノ(S2,タイプ2,タイプ0)

・LIXILベーシアハーモ(J3G,J4G)

・LIXILサティス(S6ブースターつき、S6ブースター無し])

それでは各商品について、私が気になった特徴など書いてみます。

TOTOアプリコットの特徴

基本的な機能は標準で選べるウォシュレットS1と同じです。

アプリコットには加えて

オート便器洗浄、リモート便座開閉、脱臭機能などがついています。

特に気になるのはプレミストに除菌水を使っていることですかね。

S1ではプレミストに水道水を使っていました。

除菌水を吹き付けてもらった方がより汚れにくい感じがします。

アプリコットのオプション料金は以下。

F1A:41,500円

F3A:63,500円

公式サイトの保証と料金

5年:2,500円

10年:14,000円

こちらで確認しました。

TOTOネオレストの特徴

こちらはタンクレストイレです。

機能としてはアプリコットの上位互換という感じ。

便器自体の凹凸が少なく(セフィオンテクト)、フチの無い形状であるため掃除が楽そうです。

また、水が渦を巻くように流れていくので見た目も楽しいです。トルネード洗浄という機能ですね。

タンクレストイレの魅力ってこういうとこにありますよね。

全体に水が流れるのって清潔な感じがします。普通のトイレって後方ちゃんと洗えてるのかな?と不安になりますし。

その他、停電時でも水を流せるよう手動レバーがついています。

また断水時も便器に水を入れれば使えると記載されてました。

ネオレストのオプション料金は以下。

AH1:135,500円

公式サイトの保証と料金

5年:2,800円

10年:18,000円

こちらで確認しました。

TOTOローシルエット一体型トイレの特徴

タンク式なのにタンクレス並みの高機能。

タンク式とタンクレスのいいとこ取りです。機能はだいたいネオレストと同様。

TOTOローシルエット一体型トイレのオプション料金は以下。

GG-J1:47,500円

GG-J2:61,500円

公式サイトの保証と料金

5年:2,800円

10年:18,000円

こちらで確認しました。

TOTOウォシュレット一体型トイレの特徴

タンク式なのにタンクレスとほとんど同じスペック!!!

ほぼネオレスト!!

そして!!手洗い場がついています…!!!すごい!!

ここまで見てきて一番惹かれてます。

トルネード洗浄できるし、汚れにくい素材(セフィオンテクト)も使われているし、その割には価格おさえめです。

TOTOウォシュレット一体型トイレのオプション料金

ZJ :30,000円

公式サイトの保証と料金

5年:2,800円

10年:18,000円

こちらで確認しました。

Panasonicアラウーノ

きました。一番気になっていたアラウーノです。

パナソニックがトイレも作っているなんて驚きですよね。タンクレストイレではアラウーノが最も選ばれているらしいですよ。

さて、アラウーノの特徴として大きいのは洗剤を入れると泡で掃除をしてくれる激落ちバブル機能でしょう。

いかにも掃除されている感があって気持ちいいです。スパイラル水流が更に拍車をかけてますね。

アラウーノを実際に使っている人の口コミを見ても掃除頻度は減ったとあります。

他にもTOTOにはなかった特徴的な機能があります。

・ひとセンサー:人の気配を察知してから便座をあたためる省エネ機能

・着座センサー:着座時間から大・小を判断して洗浄する機能

・瞬間湯沸し:ノズルの水を瞬間に温水にする節電機能

・スゴピカ素材:有機ガラス系の素材で汚れが付きにくい(陶器ではない…!)

こうやって改めてみるとやはり高機能ですね…。

Panasonicアラウーノのオプション料金

・SⅡ:47,500円

・タイプ2:93,500円

・タイプ0:125,400円

公式サイトの保証と料金

不明

トイレリフォームのサイトは以下を提示していました。

メーカー保証期間:1年または2年

LIXILベーシアハーモの特徴

基本的な機能は以下がついています。

・便座の自動開閉

・自動洗浄

・トルネード水流

特徴としてはノズルが二つついていることでしょうか。

お尻用と女性用です。

また、ノズルの先端が着脱でき、取り替えることができます。

便器には汚れにくいハイパーキラミックという素材を使っているようです。

後はワンタッチ節電ですかね。ボタンを押して8時間、温水と便座の電源を切っておいてくれる機能です。ちょっと便利そうです。

後、LIXILはリモコンがお洒落ですね。ペーパーホルダーと一体型みたいにできるんですね。

LIXILベーシアハーモのオプション料金

・J3G:48,500円

・J4G:70,500円

公式サイトの保証と料金

不明

LIXILサティスの特徴

ベーシアハーモの上位互換です。

いいなと思ったのは「鉢内除菌」機能。

フタをした便座内にプラズマクラスターイオンを充満させて、内側のカビやニオイの原因となる菌を除菌してくれます。

他には継ぎ目のない便座だったり、便器をツルツルさせるプロガードコーティングなどがされているようです。

LIXILサティスのオプション料金

・S6 ブースターなし:134,500円

・ S6 ブースターあり: 155,500円

公式サイトの保証と料金

5年:0円

10年:18,000円

こちらで確認しました。

いったんまとめ

ここまでで一度まとめます。

私の中で選択肢は以下に絞られました。

  • TOTOウォシュレットS1
  • TOTOウォシュレット一体型トイレ
  • Panasonicアラウーノ

TOTOウォシュレットS1は標準仕様なので差額0円で導入できることが大きいです。

プレミストという汚れにくそうな機能もついている、かつタンク式なので詰まることもないでしょう。

一番無難な選択肢と言えます。

TOTOウォシュレット一体型トイレは差額30000円で取り入れることができます。

フチの無い滑らかな形状、汚れにくい素材の便器、除菌水を使ったプレミスト…お掃除のしやすさ・楽さの点で優秀と思いました。

手洗い場もついて、タンク式。文句のつけようがありません。

ただ、すでにTOTOの公式サイトでは見かけないので古い型なのかなと思いました。安いしな…。

Panasonicアラウーノはちょっと迷っています。

当初良いなと思っていた比較的お手頃価格のSⅡですが2020年2月に生産終了するらしいんですよね…。

それってつまり保証期間が過ぎたら部品が手に入らなくて修理すれば使えるのに全取り替えとかになるのでは?

と頭によぎりました。

うーん、高機能なんだけど他の機種は高いしなぁ…。

そしてアラウーノにした場合、必然的に手洗場をつけることになります。

一条で選べる手洗い場は、36,900円から。

お洒落にしようとすると70,000円程。

やっぱり高い…。ということで保留とします。

おそらくTOTOの商品を購入することになる気がします。

物凄い余談ですがウォシュレットってTOTOの登録商標なんですね。

高機能便座イコールウォシュレットのイメージになってますし、さすがTOTO。

ということで、決定したら理由含め記事にしようと思います。

ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です