鴨川シーワールドに行ったらエトピリカのグッズが1個も売ってなかった【前章】

先日鴨川シーワールドへ行ってきました。
事前に購入したチケットの期間が3/28からであったなどのトラブルはありましたが、会社の福利厚生で当日券1400円(1人)で購入し事なきを得ました。嘘。得れてない。本当は一人あたり610円だったんだ。
祝日だからって浮かれて車もレンタルしちゃってチケットの期間とか見てなかった。迂闊。
現地についてチケットを取り出したときの絶望感ったらないね。
どうする?どうする?とおろおろした後しれっと見逃してくれないかなとか浅い考えを働かせて受付を通ろうとしたけど無理だったよね。
駐車料金1000円も払っちゃったし予定を変えて帰るのもありえなかったので買い直しました。結果的には価格以上のものは見れたので良かったです。

エトピリカ以外の動物たちについて

はい、というわけで無事入場を果たしました。
では最初に今回の自信作。ワモンアザラシをご覧下さい。

まっすぐ

とてもシュールで良い写真が撮れて私は満足です。
自分の足で動物を見に行くメリットはこういうとこにあると思いますね。

ペンギン。すごい好奇心旺盛なやつでした。水槽の端から端まで泳いでお客さんに猛アピール。
オフでも仕事して偉い。

タイミングばっちりのイルカ。二重の意味で。
ちなみに仕事してるイルカのプール横では待機組のイルカもジャンプしてました。
遊び気分で先輩と同じ高さをジャンプしてくるとか自分の身に置き換えると怖くないですか?

「フィッシュ」というタイトルが秀逸なオブジェ。なにを考えて置いたのだろう。シーマン?

指揮者を連想させるタコ。
曲はベートーヴェン 交響曲第5番「運命」 。

準絶滅危惧種のアカハライモリ。図鑑にありそうな写真が撮れたので自慢したかっただけです。
真顔なのに決め顔。達観している。

もくもくしている。地球外生命体感のあるクラゲ。
妖精みたい。飼いたい。かわいい。
目玉焼きクラゲと言われてる。やはりかわいい。
もはやなんなのかわからない。

クラゲをダイジェストでお送りいたしました。あのUFOぽいクラゲ本気で飼いたいです。
クラゲはいいですね。何も考えずふわふわ漂っているだけ。私もそういう存在になりたい。

家の天井にしたいと一瞬だけ思いました。

客「マンボウカステラください」
店員「8マンボウにしますか?それとも15マンボウ?」
客「…15マンボウで///」
店員「15マンボウ入りましたー!」
こういうやり取りが見たい人生でした。

こういう水槽が家にあったら素敵だなぁと何も考えずに思います。
水槽から飛び出て川の流れとか表現してるのすごくいい。そして水面下の泡。いい。

エトピリカに関する謝罪

色々写真を撮ったのでつい長くなりました申し訳ない。本当はエトピリカをメインに据えるはずだったのでございます。
エトピリカ。エトピリカ。グッズが何もないエトピリカは次回1記事まるっと消費して書かせていただきます。
エトピリカ。エトピリカ。 まるくて俊敏なエトピリカをどうぞよろしくお願いいたします。

それでは最後に決定的瞬間を逃したシャチの写真で締めとしたいと思います。
どうもありがとうございました。

決定的瞬間を逃したシャチ
この後シッポでボールをバシッとやる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。