未分類

私にとっての幸せとは何か?それは自己肯定感

考えれば考えるほど何を書いていいかわからなくなってきたので
思い切り感想文でも日記でもなんでも投稿することにした。
こんにちは。うさぎです。

最近じぶんの幸せについて考えていて、今のところ3つに分類できたので書いてみる。

・生理的なもの
・棚ぼた的なもの
・自己肯定感が得られるもの

生理的に感じる幸せ

まずご飯を食べることや眠ることが該当する。
お風呂に入るのも幸せ。こたつも良い。
体があたたかいと幸せだと思う。

棚ぼた的な幸せ

会社だと思ってたら祝日だったとか、もう夕方かと思ったら3時だったとか幸せを感じる。
記念日でもないのに旦那がシュークリームを買ってきたときなどは特に良い。
嫌なことが不意になくなったときや特に理由のないプレゼントってテンション上がるよね。
ボーナスも棚ぼたなのかな。

自己肯定感が得られたときに感じる幸せ

私にとっては一番幸せを感じるのがこれ。例えば
6時に起きランニングをしてシャワーを浴びた後に洗濯物を回しアイロンがけまで午前中の内に終わらせたときの幸福感は最高だった。
早起きしただけでも偉いのに運動までしてあろうことか家事まで終わらせるとか神と称していい。
しかしこれが実施できたのは過去に1度しかない。難易度が高い。
プログラムのバグを取り除いたときも「やってやった」感が得られて満足。今日の仕事は終わったなと思う(終わってない)

なぜ上記のようなことに幸せを感じるのか。
たぶん私は自分が嫌いでだめなやつだなーと心の底で思っているのだと思う。
だからなんでもいいから上手いこと物事が完了すると「やるじゃないか私」と自分自身を認めることができて幸せな気持ちになるのだと思う。

もっと自信をもった方がいいな。うん。
旦那にもよく言われる。
でも同じ口で馬鹿だと言われることもあり、本気で自信をなくす。
理由は物事をよく考えずあるがままを信じようとする癖があることと、忘れっぽいというのがある。
これについては後々かければいいな。
最近トヨタみたいになぜなぜしてたら自分で考えて解釈する楽しさを知った。
私の伸び代がありすぎて困る。

話は戻して、ではどうすればより幸せを感じられるのかを考える。
私の答えとしては達成できる小さなハードルをたくさん用意してクリアしていけばいい、のだと思う。
その小さなハードルはどうするのかというのが現状の問題点。
でも自信がついたら、また違う幸せが見えてくるのかと思うと楽しみだな。

とても日記になったけど書くの楽しかった。
毎日書いていけたらいいな。
それではまた今度。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。